bar
株式会社ナンバ 新潟県の空調換気設備/冷凍冷蔵設備/厨房設備/エアコン メール問い合わせ サイトマップ 株式会社ナンバ 新潟県の空調換気設備/冷凍冷蔵設備/厨房設備/エアコン

株式会社ナンバ 会社情報 10年保証 業務案内 環境ニュース/地球温暖化/フロン回収 株式会社ナンバ 採用情報


更新をメールマガジンにてお知らせしています。
 
【バックナンバー】
空調機の定期点検は
お済みですか?
■No.204 2018.02.06
フロン類充填量及び
回収量等の集計結果
■No.203 2017.12.15
建設現場の全国一斉
パトロール実施
■No.202 2017.10.10
平成29年度フロン類
算定漏えい量〆切迫る!
■No.201 2017.07.24
フロン類算定漏えい量
報告・公表制度説明会
■No.200 2017.05.31
フロン法算定漏えい量報告結果が発表
■No.199 2017.04.04
日設連 フロン法のうた
■No.198 2017.01.30
フロン類回収実態調査 制度見直し議論へ
■No.197 2016.12.16
大丈夫ですか?フロン排出抑制法の対応
■No.196 2016.10.25
01年以前のエアコン,06年以前の冷凍機について
■No.195 2016.09.12
打ち水の力 〜夏を涼しく過ごすために〜
■No.194 2016.08.08
九州豪雨 東京水不足
■No.193 2016.07.11
環境問題から見る
G7サミット
■No.192 2016.06.07
フロン類算定漏えい量報告・公表制度説明会
■No.191 2016.04.30
冷媒R22機種について
■No.190 2016.03.31
フロン排出抑制法 
対応はお済みですか?
■No.189 2016.02.29
電力小売自由化目前
■No.188 2016.01.26
トップランナー制度改正へ
■No.187 2015.12.03
気候変動の影響
■No.186 2015.11.02
平成26年度オゾン層等
の監視結果について
■No.185 2015.09.29
環境講演会のご案内
■No.184 2015.08.21
温室効果ガス削減目標
中国が初めて国連に報告
■No.183 2015.07.31
フロン排出抑制法
【違反した場合の罰則】
■No.182 2015.06.29
フロン排出抑制法
【充填証明書回収証明書】
■No.181 2015.05.28

【 No.1〜30 】
【 No.31〜60 】
【 No.61〜90 】
【 No.91〜120 】
【 No.121〜150 】
【 No.151〜180 】

+++最新号へ戻る+++
No.192(2016.06.07)
環境問題から見る G7サミット
 伊勢志摩にて、5月26日及び27日に安倍総理議長の下で、G7サミットが開催されました。日本でサミットを主催するのは2008年の北海道洞爺湖サミット以来8年ぶりとなりました。
bar

 今回開催されたG7サミットにおいては、環境問題に対してどのような話し合いが行われたのでしょうか?経済を中心にニュースでは取り上げられていましたが、G7サミットの伝統的な主要議題は、@世界経済・貿易、A政治・外交、B気候変動・エネルギー、C開発となっています。(右写真:外務省ホームページより抜粋)
 今回、気候変動・エネルギーにおいてはG7伊勢志摩サミットでは以下の宣言がされました。
【気候変動】
 COP21での合意で得られたモメンタムを活かしつつ、パリ協定の早期発効及びその効果的な実施に向け、G7が率先して取り組むべきとの決意を確認。同時に、実効的な排出削減を進めるには、主要排出国の積極的な関与を引き出していくことが重要であるとの認識で一致。
【エネルギー】
 エネルギー安全保障の確保は、国際社会にとって引き続き喫緊の課題であるとの認識の下、(1)上流開発、質の高いインフラ、クリーンエネルギー技術への投資の促進、(2)天然ガス市場の安全保障強化のための行動、(3)エネルギー技術の革新とエネルギー効率の拡充の推進等について一致。
 G7伊勢志摩サミットで触れられた、COP21での合意とは「パリ協定」として、「京都議定書」に代わる2020年以降の温室効果ガス排出削減等のための新たな国際枠組みで、歴史上初めて全ての国が参加する合意となります。各国は産業革命以前からの気温上昇を「2度より十分低く保つ」との目標で一致しています。これには、今世紀後半に温室効果ガスの排出を実質ゼロにする大幅な削減が求められています。
 政府ではこのパリ協定を受けて、G7開催前の5月13日に、温室効果ガスを「2050年までに80%減らす(2005年度比)」とする長期目標を掲げた地球温暖化対策の計画を閣議決定し、長期的な対策の取り組みをアピールしています。
 また、G7伊勢志摩サミットに先駆けて富山市で開かれたG7環境相会合 では、代替フロン「ハイドロフルオロカーボン(HFC)」(R-410A,R-404A等)の規制について、今年中の合意を目指すことなどを盛り込んだ共同宣言を採択されています。
bar