業務案内

Freon Keeper
フロン漏えい検知システム フロンキーパー

フロンキーパー外観

フロンキーパーとは

冷凍機に取り付け、超音波を利用することで、フロン漏えいを約10%の段階で、早期発見することが出来る自社開発の漏えい検知装置です。

フロン漏えい早期発見のメリット

01

漏えい量削減

フロン法の算定漏えい量に
達するのを未然に防ぎます。

02

コスト削減

冷媒不足による冷凍機の連続運転を
防ぎ電気代・修理費増大を防ぎます。

03

設備の安定稼働

在庫・販売機会のロスを防ぎます。
また機器の長寿命化になります。

フロンキーパーの特徴

  • 超音波でフロン漏えいを早期発見
  • 冷凍設備をフロンキーパーによってIoT化
  • 電気代・修理費コスト削減
→

point1
超音波でフロン漏えいを早期発見

フロン漏えいが始まると、冷凍機内を循環している液状のフロンが凝縮しきれずに小さな気泡が発生します。超音波を利用することで、従来熟練の技術者でも難しかった人の目では見ることができない小さな気泡を瞬時に検知し、温度警報が出る前に、フロン漏えいの早期発見が可能となります。

フロンが不足してくると冷凍機の能力が落ち、稼働率が上がることで連続運転となり、電力消費量が増加します。その電力増加分は気が付きにくいですが想像以上に大きな電力量になります。これを管理することができるのは、フロンキーパーだけです。

→
冷凍能力は正常
少量の漏えい

人の目で見ることができませが、一滴の気泡が発生しています。
フロンキーパーはこの時点で検知が可能です。

→
冷凍能力に異常
大量の漏えい

更に漏えいすると、サイトグラスに大量の気泡が発生します。
左写真では約50%の漏えいがあります。


point2
冷凍設備をフロンキーパー
によってIoT化

外気温度、冷媒液温度、吐出温度、吸入温度、電力量(電流)、等の様々なデータを常時24時間収集・測定・監視し、独自のシステムが漏えいを判断します。例えるならベテラン技術者が24時間監視するようなものですが、それよりも信頼性の高い確かな精度を発揮します。収集したデータは10分毎に自動でサーバーへ送信していますので、現場に行かなくても多店舗の冷凍機をWebにて一括管理することが可能です。漏えいを検知した場合は、担当者へ自動でメールを送信しお知らせします。

- IoT化による提供イメージ

→

- Web管理画面

外気温度や冷媒液温度など収集した設備運転データを一覧やグラフにて表示・管理することができます。
また、CSVデータのダウンロードが可能です。

Web管理画面1
Web管理画面2

フロン排出抑制法対策にも活用出来ます

収集したデータは、フロン排出抑制法の『簡易点検』『定期点検』にて管理者が作成・保存すべき書面である『点検整備記録簿』として活用することが可能です。
10分毎の収集データがサーバーに保存されますので、Web上にて必要な時にダウンロードすることが可能です。
※フロンキーパーを取り付けしていない機器については、お客様にて対応していただく必要がございます。


point3
電気代・修理費コスト削減

スーパーマーケットなどで使用されている別置型ショーケースは稼働中機器から年間16%フロンが漏えいしています。(経済産業省発表データより)
フロンが30%漏えいした状態で運転すると、温度異常が現れ、能力不足の状態で使用することとなり、電気代が平均40%も増加します。(日本冷凍空調工業会 実証モデル事業より)
フロンキーパーはフロン漏えい率を約10%の段階で早期発見することが可能ですので、封入量から計算する下記のコスト削減が可能です。

  •   
  • フロン漏えい量
  • 別置型ショーケース
  • 16%
  • コンデンシングユニット
  • 13%
  • 冷凍冷蔵ユニット
  • 17%
  • 店舗用エアコン
  • 3%
  • 産業用エアコン
  • 5%
  • GHP
  • 5%

電気代を削減


フロン漏えいを10%の段階で早期発見
する事により、コスト削減が可能です。

¥727,700/年間

【年間で16%の漏えいが発生した場合の電気代】

133.125kW(10店舗平均)×1.1(電力量10%増加)×0.65(稼働率)×24時間×16円(1kW/時) =36,550.8円/1日
36,550.8円×365日=13,341,042円/年間

【年間で10%の漏えいが発生した場合の電気代】

133.125kW(10店舗平均)×1.04(電力量4%増加)×0.65(稼働率)×24時間×16円(1kW/時) =34,557.1円/1日
34,557.1円×365日=12,613,342円/年間

13,341,042 - 12,613,342 = ¥727,700

※平均7.4台の冷凍機を保有している東北地方合計10店舗のスーパー、1店舗当たり平均

修理代を削減


フロン漏えいを10%の段階で早期発見
する事により、修理代削減が可能です。

¥159,500/年間

【年間で16%の漏えいが発生した場合の冷媒補充】

漏えい量が75kg 75kg×4,500円 (R-404Aの1kg単価)=337,500円 また、ガス漏れ修理作業に関する、充てん 作業量:75kg×500円 =37,500円、漏えい検査修理費:3人工×35,000円 = 105,000円、調整費:4回×50,000円 = 200,000円、諸経費68,000円が発生と仮定。337,500 + 37,500 + 105,000 + 200,000 + 68,000 = 748,000 円/年間

【年間で10%の漏えいが発生した場合の冷媒補充】

漏えい量が46kg 46kg×4,500円 (R-404Aの1kg単価)=207,000円 また、ガス漏れ修理作業に関する、充てん 作業量:46kg×500円 = 23,000円、漏えい検査修理費:3人工×35,000円 = 105,000円、調整費:4回×50,000円 =200,000円、諸経費53,500円が発生と仮定。207,000 + 23,000 + 105,000 + 200,000 + 53,500 = 588,500 円/ 年間

748,000 - 588,500 = ¥159,500

※平均7.4台の冷凍機を保有している東北地方合計10店舗のスーパー、1店舗当たり平均

受賞履歴

第 35 回 優良省エネルギー設備顕彰
【改修部門 奨励賞】

主催:(一社)日本冷凍空調設備工業連合会(日設連)
協力:経済産業省、( 財) 省エネルギーセンター


一般社団法人日本冷凍空調設備工業連合会(日設連)主催による、第35回優良省エネルギー設備顕彰 改修部門で奨励賞を受賞しました。 日設連では、冷凍空調設備の省エネルギー・環境保全の促進を目指し、優良事例を顕彰し、ユーザー及び冷凍空調設備の施工業者など、 関連業界に省エネルギー・環境保全の意識が高まることを目的として、優良省エネルギー設備顕彰を昭和58年より行っています。

Top