業務案内

HACCP
アドバイザー・コンサルタント

HACCPマーク

2020年6月より制度化

食品衛生法の改正により2020年6月より制度化された、食品の安全管理手法。「7原則12手順」と呼ばれる考え方に基づいて衛生管理システムを構築するものです。食品の製造、加工、販売などのプロセスの過程で、安全を脅かす恐れのある危害要因を抽出し、その危害要因を防ぐ手段工程を重要管理点として定め、その工程を適切に管理、可視化します。全ての食品関連事業者約120万社が対象となります。

食品事業者様のお悩み

  • チェックマーク
    HACCPがどういうものなのかわからない
  • チェックマーク
    HACCP導入で何から始めたらいいのかがわからない
  • チェックマーク
    HACCPのこと誰に聞けばいいのか

HACCPアドバイザー、HACCPコンサルタントが
全て解決いたします!

HA+CCP Hazard Analytics + Critical Control Point

ハザード分析

食品の原料から出荷までの各工程で可能性のある危害要因(異物混入や微生物の汚染や増殖など)を特定し管理する。

重要管理点

食品安全にとって特に重要な工程は管理基準を設定し管理すること。一般衛生管理の実態は食品安全確保の基礎的な部分となります。

食品安全の前提土台(施設清掃、手洗いなど)から、製造工程の管理(食品の安全な提供)をしっかり実施の上に、ステップアップ!
HACCPの導入メリットは?
社外へのアピールや社員の衛生管理に対する意識向上
それだけではありません!
品質の
アップとロス減少
製品不良の
低減

工場など作業場が衛生的になるため、
製品の品質が安定します。

生産効率の
向上
生産効率
UP

気付かなかった無駄な製造の流れ、
人の動きが見えるようになり、
無駄を減らせます。

クレーム・
事故件数減少
問題対応
スピードも向上

問題が起こった場合、起こった原因を見つけ、
同じ問題が怒らないように対処します。

下向き矢印

HACCPの導入 3.STEP

STEP1
現状とのギャップ診断

施設における一般衛生管理の現状と求められるHACCP管理との差分を明らかにし、ハード面の見直しや改善点を導き出すためのギャップ分析の方法を指導いたします。ここでは手順1~4までを進めていきます。

STEP2
各工程のハザード分析

原料の仕入れや搬入から出荷までの工程のハザードを分析し、重要管理点(CCP)を決定します。ここでは手順5~7までを進めていきます。

STEP3
HACCPプランの作成

重要管理点(CCP)での許容限界やモニタリング方法・改善措置を設定し、検証や記録方法を決定します。手順8~12までを進めていきます。

最短3回プラン

期間3ヶ月/月1回訪問
1回4時間程度

※上記プランは、「基づくHACCP」「取り入れたHACCP」の一つの製品群に対し最低限の範囲にてクリアする仕組みを作る事が出来るものとなります。

まずは、HACCPアドバイザーへご相談(無料)いただき、
HACCPコンサルタントによる支援が必要かどうかをご検討ください。

支援までの流れ①

お電話又はメールにて
お問い合せください

電話・メール
矢印
支援までの流れ②

HACCPアドバイザーより
ご連絡いたします

HACCPアドバイザーよりご連絡
矢印
支援までの流れ③

HACCPアドバイザーが
ヒアリングを行います

ヒアリング
矢印
支援までの流れ④

必要がある場合、
HACCPコンサルタントが
支援いたします

HACCPコンサルタントが支援

お問い合せはこちら

電話0258-42-2211

【受付時間】平日・第1・3土曜日
8:30~17:30(祝祭日除く)

HACCPアドバイザー、
HACCPコンサルタントとは?

食品事業者様のHACCP対応の支援をいたします。
事業者様の業界、従業員規模、事業所の所在地などによって対応内容が異なってまいります。
まずは、HACCPアドバイザーへご相談いただき、
HACCPコンサルタントによる支援が必要かどうかをご検討ください。
HACCPアドバイザーへのご相談は無料です。

HCA認定のHACCPアドバイザー、
HACCPコンサルタント資格を取得しています。

株式会社ナンバは、一般社団法人HACCP国際基準認証協会加盟企業です。
HCA認定のHACCPアドバイザー、HACCPコンサルタント資格を取得し、
食品事業者様のHACCP対応の支援を行っております。

Top