業務案内

電解微酸性次亜塩素酸水生成機 クロライーナ

電解微酸性次亜塩素酸水生成機クロライーナ

電解微酸性次亜塩素酸水生成機クロライーナで生成される水溶液は、水道水に微量の食塩と希塩酸を加え、無隔膜電気分解を行い生成された、次亜塩素酸(HClO)を主成分とした電解微酸性次亜塩素酸水です。ドアノブ、手すり、調理器具、おもちゃ、トイレ、浴室などの除菌・消臭にお使いください。

高い除菌効果の洗浄除菌水
電解微酸性次亜塩素酸水は、幅広い細菌・ウイルスなどに有効です。

高い除菌効果の洗浄除菌水 電解微酸性次亜塩素酸水

次亜塩素酸水の特徴

  • 残留性が低いので塩素臭がほとんど残りません。
  • 次亜塩素酸ナトリウムのような希釈の手間がいらず、水道水と同じようにジャバジャバ使うことができます。

クロライーナで生成される電解微酸性次亜塩素酸水の主成分"次亜塩素酸(HClO)"は、次亜塩素酸ナトリウム(家庭用の液体塩素系漂白剤)の主成分である"次亜塩素酸イオン(ClO-)"の80倍の除菌力があるため、低い塩素濃度でも高い除菌力を発揮します。
よって、低濃度での使用が可能で、味やにおいがほとんどなく、保護メガネやマスク、手袋などの保護具なしに使用が可能です。

健康な人の肌は、肌を守るために「弱酸性(pH4.5 ~ 6.0)」に保たれています。「微酸性次亜塩素酸水」は、人の肌に近い「微酸性(pH5.0 ~ 6.0)」のため、肌に優しく安心して使用することが可能です。
また、有機物や細菌に接触すると、普通の水にもどるため環境への影響も小さく、安心・安全に使えます。

電解微酸性次亜塩素酸水生成機クロライーナ

注意事項アイコン 次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水は性質の違う水溶液です!

次亜塩素酸ナトリウムは、強アルカリ性を示し、家庭用に販売されている液体の塩素系漂白剤、殺菌剤(洗濯用、キッチン用など)に使われています。人体への影響があるため、使用時には保護メガネや手袋といった保護具をするなど、取り扱いには注意が必要です。誤った使い方をすると非常に危険な場合もあります。

「微酸性次亜塩素酸水」は以下の安全性試験において良好な成績を得ております。

  • 急性経口毒性
  • 皮膚累積刺激
  • 眼刺激性
  • 変異原性試験
  • 亜急性毒性
  • トリハロメタン生成試験

pHと次亜塩素酸の存在形態

pHと次亜塩素酸の存在形態

次亜塩素酸(HClO)の除菌力は次亜塩素酸イオン(OCl-) より、約 80 倍高いといわれています。
したがって、次亜塩素酸水は、次亜塩素酸の存在比率が高いため、次亜塩素酸ナトリウムよりも高い除菌活性を示します。

様々な用途に活用が可能です

  • 病院・老健施設等での洗浄、清掃
  • お弁当、お惣菜など食品加工現場に
  • 学校や幼稚園など人の集まる場所に
  • 生野菜やフルーツの除菌に(食品添加物として認可)
  • おもちゃや遊具の洗浄・除菌・消臭に
  • 精肉・鮮魚の加工に
  • スーパーマーケットのバックヤードに
  • フキンや調理器具の洗浄・除菌・消臭に
  • レストランや厨房、給食センターに
  • トイレや浴室、手すりやドアノブの洗浄・除菌・消臭に

食品添加物指定(電解微酸性次亜塩素酸水)」だから
"食材"にも"安心"して使えます!

電解微酸性次亜塩素酸水生成機クロライーナ

※最終食品の完成前に除去しなければなりません。

改正食品衛生法によって、2020年からHACCPによる衛生管理が義務化。

HACCP

HACCP(ハサップ)とは、食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようとする衛生管理の手法です。
食中毒事故の約90%は"細菌やウイルス"が原因です。

最優先課題である"生物的危害要因"への対策に
次亜塩素酸水」を活用しよう!

食品イラスト

製品の特長

  • センサーに手をかざすだけの「簡単操作」
  • 大量の「除菌水」を"ジャバジャバ"使える
  • 「定量吐水」も"吐水ボタン"でワンタッチ
  • さまざまな設置環境に対応(壁掛け、据え置き)
  • 1本の電解補助液で、最大500L(手洗い約1,000回分※)の微酸性次亜塩素酸水が生成可能。
    ※1回の手洗いの使用量を500mlと想定した場合、濃度により生成量は変動いたします。
クロライーナ 設置イメージ
微酸性次亜塩素酸水

原水に微量の食塩と希塩酸を加えた状態で無隔膜電気分解を行うと、生成された水溶液は水酸化ナトリウム(NaOH)が塩酸により中和され、殺菌力の最も強い"微酸性"領域となり、「次亜塩素酸(HClO)」を主成分とした「微酸性次亜塩素酸水」となります。

微酸性次亜塩素酸水
仕様
製品名
電解微酸性次亜塩素酸水生成機
名称
chlora e-na クロライーナ
用途
手すり、ドアノブ、トイレ、浴室、おもちゃ、遊具、フキン、調理器具、生野菜、果物の洗浄・除菌・消臭
定格電圧・周波数
AC 100V 50/60Hz
定格電流
0.8A
外形寸法(突起部を含む)
高さ361mm×幅260mm×奥行き120mm
重量
約4kg(乾燥重量)
給水水質
水道法水質基準に適合した水道水
使用水圧範囲
0.1MPa~0.7MPa
給水水温
0~35℃(凍結不可)
使用周囲温度
0~40℃
使用相対湿度
85%RH以下(結露なきこと)
吐出量(通水量)
約3L/分
電解補助液
専用電解補助液
電解補助液タンク容量
約500mL
主成分
次亜塩素酸(HClO)(水(H2O)、塩化ナトリウム(NaCl)、塩酸(HCl)を無隔膜電気分解し生成)
pH範囲
5.0~6.5(微酸性領域)
有効塩素濃度
20~40ppm(※参考値:水道水の水質による)
濃度設定
5段階選択式 レンジ1(20ppm)~レンジ5(40ppm)
吐出開始スイッチ
近接センサー(非接触式)、吐出ボタン
吐出時間設定
10~120秒の範囲で設定可能
吐出量設定
1~200Lの範囲で設定可能
消耗品の寿命
ポンプ:1600時間 電解槽:800時間
使用期限
生成した電解微酸性次亜塩素酸水は、徐々に分解され水に戻り効果が減衰しますので、できる限り都度使い切ることをおすすめいたします。保存される場合は、長時間日光、紫外線に当たると分解され水に戻ってしまいますので、紫外線があたらない遮光容器に入れ、密閉した状態で冷暗所(冷蔵庫)にて適切に保管してください。(1週間以内に使い切ることをおすすめいたします。)
※管理状況や生成時の濃度などにより効果持続期間は変動いたします。

[ppm = mg/kg]

※商品の仕様、外観等は改良のため断りなく変更することがありますのでご了承ください。
※消耗品の寿命は原水の性状、使用条件等により変動します。

製造元

株式会社アルテック ロゴ

〒396-0026 長野県伊那市西町5142-3
TEL:0265-72-6615 FAX:0265-73-3950

別売り品
  • 壁掛けフックセット
  • 専用電解補助液
クロライーナ 別売品

使用上の注意

  • 使い方を守って使用してください。用途以外には使用しないでください。
  • 子どもの手の届く範囲に置かないでください。
  • 他製品との併用、混合は行わないでください。
  • ご使用前に、水洗いなどを行い、汚れを十分に落としてから使用してください。汚れが多いと除菌性能を発揮できません。
  • 家具などの色落ち、ゴムの劣化、金属部分が腐食する場合がありますので、気になる場合には、使用後水ぶきをおこなってください。
  • 飲料水ではありません。
  • 大量に飲み込んでしまった場合は、水でよく口の中をすすぎ、医師の診療を受けてください。(少量であれば問題はありません)
  • お肌に合わないときは、ご使用をおやめください。異常や違和感がある場合は、すぐに医師の診療を受けてください。
  • 目に入ってしまった場合は、こすらず直ちに清浄な水で数分間注意深くよく洗い流し、すぐに眼科医の診療を受けてください。
    (コンタクトレンズを使用している場合は外してください)
  • 高温や直射日光を避け冷暗所にて保管してください。
  • 電解次亜塩素酸水は時間と共に効果が薄くなります。長時間日光、紫外線に当たると分解され水に戻ってしまいます。
    また、常温でも徐々に分解され水に戻りますので、できる限り都度使い切ることをおすすめいたします。
  • すべての菌・ウイルスを除菌するわけではありません
  • 生野菜・果物に使用する場合は、使用後飲用適の水で十分すすぎ洗いし、最終食品の完成前に除去しなければいけません。

お問い合わせ

Top