bar
株式会社ナンバ 新潟県の空調換気設備/冷凍冷蔵設備/厨房設備/エアコン メール問い合わせ サイトマップ 株式会社ナンバ 新潟県の空調換気設備/冷凍冷蔵設備/厨房設備/エアコン

株式会社ナンバ 会社情報 10年保証 業務案内 環境ニュース/地球温暖化/フロン回収 株式会社ナンバ 採用情報


更新をメールマガジンにてお知らせしています。
 
【バックナンバー】
R-22の全廃期限について
■No.206 2018.06.05
平成28年度フロン類
算定漏えい量報告
■No.205 2018.04.03
空調機の定期点検は
お済みですか?
■No.204 2018.02.06
フロン類充填量及び
回収量等の集計結果
■No.203 2017.12.15
建設現場の全国一斉
パトロール実施
■No.202 2017.10.10
平成29年度フロン類
算定漏えい量〆切迫る!
■No.201 2017.07.24
フロン類算定漏えい量
報告・公表制度説明会
■No.200 2017.05.31
フロン法算定漏えい量報告結果が発表
■No.199 2017.04.04
日設連 フロン法のうた
■No.198 2017.01.30
フロン類回収実態調査 制度見直し議論へ
■No.197 2016.12.16
大丈夫ですか?フロン排出抑制法の対応
■No.196 2016.10.25
01年以前のエアコン,06年以前の冷凍機について
■No.195 2016.09.12
打ち水の力 〜夏を涼しく過ごすために〜
■No.194 2016.08.08
九州豪雨 東京水不足
■No.193 2016.07.11
環境問題から見る
G7サミット
■No.192 2016.06.07
フロン類算定漏えい量報告・公表制度説明会
■No.191 2016.04.30
冷媒R22機種について
■No.190 2016.03.31
フロン排出抑制法 
対応はお済みですか?
■No.189 2016.02.29
電力小売自由化目前
■No.188 2016.01.26
トップランナー制度改正へ
■No.187 2015.12.03
気候変動の影響
■No.186 2015.11.02
平成26年度オゾン層等
の監視結果について
■No.185 2015.09.29
環境講演会のご案内
■No.184 2015.08.21
温室効果ガス削減目標
中国が初めて国連に報告
■No.183 2015.07.31
フロン排出抑制法
【違反した場合の罰則】
■No.182 2015.06.29
フロン排出抑制法
【充填証明書回収証明書】
■No.181 2015.05.28

【 No.1〜30 】
【 No.31〜60 】
【 No.61〜90 】
【 No.91〜120 】
【 No.121〜150 】
【 No.151〜180 】

+++最新号へ戻る+++
No.204(2018.02.07)
フロン排出抑制法 お使いの空調機は定期点検お済みですか?
 2015年4月に施行された「フロン排出抑制法」。これにより、メーカー、施工業者は元より、機器を使用するユーザーまで責任と義務が課せられる事になりました。その中の点検の義務に含まれる、定期点検については、一定以上の容量を持っている空調機器は3年に一回以上、有資格者による点検が必要になっています。
bar

 2015年4月の施行なので、2018年4月までに7.5kW以上の業務用エアコンについては、最低1回以上の定期点検が義務付けられていることになりますので、まだ1回も定期点検を行っていない企業様は早急な対応が必要となりますのでご注意ください。
※定期点検は有資格者が行う必要がございます。定期点検の対応は是非、専門業者のナンバにお任せください!
【定期点検について】
定期点検は一定規模以上の機器全てにおいて実施される事が義務付けられています。エアコンにおいては7.5kW以上50kW未満の機器で3年に1回以上、50kW以上の機器は1年に1回以上。冷凍・冷蔵機器においては7.5kW以上の機器に対して1年に1回以上実施する事が求められています。
その実施については、十分な知見を有する者が行う必要がありますので、適正な資格を有した設備業者に依頼をする事になります。定期点検は、異常音、外観の損傷、摩耗及び腐食その他劣化や、油滲み、熱交換器の霜付き等について点検を実施します。その上で、冷媒ガスが漏えいしていないか、直接法、又は間接法による点検を行います。
■直接法の点検
漏えい箇所が概ね特定できる場合に用いる点検方法で、発泡液法、蛍光剤法、漏えいガス検知装置法等があります。
■間接法の点検
直接法による点検が困難な場合は、計測器を用いた値が異常値となっていないか、チェックシートを用いて確認をします。

定期点検の点検を行ったこと及び点検を行った日を、点検記録簿として記録する必要があります。この点検記録簿については、機器を廃棄するまで保存する必要があり、機器を譲渡する場合には、点検記録簿も引き渡す必要があります。
また、今回ご紹介した定期点検のほかにも、全ての業務用空調機・冷凍冷蔵機器が対象となる「簡易点検」も定められています。(下図参照)
bar