bar
株式会社ナンバ 新潟県の空調換気設備/冷凍冷蔵設備/厨房設備/エアコン メール問い合わせ サイトマップ 株式会社ナンバ 新潟県の空調換気設備/冷凍冷蔵設備/厨房設備/エアコン

株式会社ナンバ 会社情報 10年保証 業務案内 環境ニュース/地球温暖化/フロン回収 株式会社ナンバ 採用情報


更新をメールマガジンにてお知らせしています。
 
【バックナンバー】
R-22の全廃期限について
■No.206 2018.06.05
平成28年度フロン類
算定漏えい量報告
■No.205 2018.04.03
空調機の定期点検は
お済みですか?
■No.204 2018.02.06
フロン類充填量及び
回収量等の集計結果
■No.203 2017.12.15
建設現場の全国一斉
パトロール実施
■No.202 2017.10.10
平成29年度フロン類
算定漏えい量〆切迫る!
■No.201 2017.07.24
フロン類算定漏えい量
報告・公表制度説明会
■No.200 2017.05.31
フロン法算定漏えい量報告結果が発表
■No.199 2017.04.04
日設連 フロン法のうた
■No.198 2017.01.30
フロン類回収実態調査 制度見直し議論へ
■No.197 2016.12.16
大丈夫ですか?フロン排出抑制法の対応
■No.196 2016.10.25
01年以前のエアコン,06年以前の冷凍機について
■No.195 2016.09.12
打ち水の力 〜夏を涼しく過ごすために〜
■No.194 2016.08.08
九州豪雨 東京水不足
■No.193 2016.07.11
環境問題から見る
G7サミット
■No.192 2016.06.07
フロン類算定漏えい量報告・公表制度説明会
■No.191 2016.04.30
冷媒R22機種について
■No.190 2016.03.31
フロン排出抑制法 
対応はお済みですか?
■No.189 2016.02.29
電力小売自由化目前
■No.188 2016.01.26
トップランナー制度改正へ
■No.187 2015.12.03
気候変動の影響
■No.186 2015.11.02
平成26年度オゾン層等
の監視結果について
■No.185 2015.09.29
環境講演会のご案内
■No.184 2015.08.21
温室効果ガス削減目標
中国が初めて国連に報告
■No.183 2015.07.31
フロン排出抑制法
【違反した場合の罰則】
■No.182 2015.06.29
フロン排出抑制法
【充填証明書回収証明書】
■No.181 2015.05.28

【 No.1〜30 】
【 No.31〜60 】
【 No.61〜90 】
【 No.91〜120 】
【 No.121〜150 】
【 No.151〜180 】

+++最新号へ戻る+++
No.193(2016.07.11)
温暖化の影響!? 九州豪雨 東京水不足
 温暖化の影響によってゲリラ豪雨が増加したという事がよく言われていますが、今年の九州豪雨と東京都での水不足に温暖化は影響しているのでしょうか?専門家の意見を元に検証してみました。
bar

ラニーニャ現象 夏 降雨量  まず、九州の豪雨についてですが、通常の梅雨前線に例年より多くの水蒸気が流れ込んだのが原因といわれています。その主な要因となったのが、今季、太平洋で発生の兆候があるラニーニャ現象の影響です。
 ラニーニャ現象によって、西太平洋の海水温が上がり、太平洋高気圧の勢力が強まります。その結果、九州上空に積乱雲が発達しやすい状態を作り出した事が原因と予測されています。
 ラニーニャ現象は、エルニーニョ現象が起こった後に起こる可能性が高いとされ、要因としては、地球温暖化の影響の可能性を指摘する調査結果がある一方、自然変動だけで十分説明できるとする調査結果もあり、必ずしも研究者の間で意見が一致しているわけではありません。しかし、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第4次報告書によれば、多くの地球温暖化予測実験モデルで、温暖化したときの平均的な海面水温の昇温は、太平洋赤道域東部の方が西部に比べて大きく、エルニーニョ時に見られるようなパターンになると予測されており、原因の一翼を担っていると考えられます。
エルニーニョ現象 冬 平均気温  次に、東京都を中心とした関東の水不足についてですが、今年の原因としては、冬場の雪不足と雪解けが観測史上最速であった事と、5月の降雨不足といわれています。
 雪不足となった原因としては、先程もあったエルニーニョ現象が関係してきます。2015〜2016年の初頭にかけて大規模なエルニーニョ現象が確認されています。このエルニーニョ現象が暖冬を誘発してしまいます。
 降雨量については、6月に入り関東も梅雨入りをした事、今後の台風によって、今後は平年並みの降雨量が予測されていますので、水不足は徐々に解決されていく予想です。
 原因としては、諸説ありますので断定はできませんが、地球温暖化によって様々な気候変動が起きている事は事実であり、今後も不安定な気候に注意が必要です。
bar