bar
株式会社ナンバ 新潟県の空調換気設備/冷凍冷蔵設備/厨房設備/エアコン メール問い合わせ サイトマップ 株式会社ナンバ 新潟県の空調換気設備/冷凍冷蔵設備/厨房設備/エアコン

株式会社ナンバ 会社情報 10年保証 業務案内 環境ニュース/地球温暖化/フロン回収 株式会社ナンバ 採用情報


更新をメールマガジンにてお知らせしています。
 
【バックナンバー】
R-22の全廃期限について
■No.206 2018.06.05
平成28年度フロン類
算定漏えい量報告
■No.205 2018.04.03
空調機の定期点検は
お済みですか?
■No.204 2018.02.06
フロン類充填量及び
回収量等の集計結果
■No.203 2017.12.15
建設現場の全国一斉
パトロール実施
■No.202 2017.10.10
平成29年度フロン類
算定漏えい量〆切迫る!
■No.201 2017.07.24
フロン類算定漏えい量
報告・公表制度説明会
■No.200 2017.05.31
フロン法算定漏えい量報告結果が発表
■No.199 2017.04.04
日設連 フロン法のうた
■No.198 2017.01.30
フロン類回収実態調査 制度見直し議論へ
■No.197 2016.12.16
大丈夫ですか?フロン排出抑制法の対応
■No.196 2016.10.25
01年以前のエアコン,06年以前の冷凍機について
■No.195 2016.09.12
打ち水の力 〜夏を涼しく過ごすために〜
■No.194 2016.08.08
九州豪雨 東京水不足
■No.193 2016.07.11
環境問題から見る
G7サミット
■No.192 2016.06.07
フロン類算定漏えい量報告・公表制度説明会
■No.191 2016.04.30
冷媒R22機種について
■No.190 2016.03.31
フロン排出抑制法 
対応はお済みですか?
■No.189 2016.02.29
電力小売自由化目前
■No.188 2016.01.26
トップランナー制度改正へ
■No.187 2015.12.03
気候変動の影響
■No.186 2015.11.02
平成26年度オゾン層等
の監視結果について
■No.185 2015.09.29
環境講演会のご案内
■No.184 2015.08.21
温室効果ガス削減目標
中国が初めて国連に報告
■No.183 2015.07.31
フロン排出抑制法
【違反した場合の罰則】
■No.182 2015.06.29
フロン排出抑制法
【充填証明書回収証明書】
■No.181 2015.05.28

【 No.1〜30 】
【 No.31〜60 】
【 No.61〜90 】
【 No.91〜120 】
【 No.121〜150 】
【 No.151〜180 】

+++最新号へ戻る+++
No.190(2016.03.31)
古い冷凍冷蔵機器・空調機は修理ができなくなる?
 現在お使いの冷凍冷蔵機器・空調機の冷媒ガスは何が使用されているかご存知ですか?古い機械で冷媒ガスがHCFC(R-22冷媒など)を使用している機種は、今後修理が困難になってしまいます。
bar

 政府間国際協定(モントリオール議定書:1987年)およびオゾン層保護法(1988年制定)により、すでにCFC(R12、R502など)の生産は1996年に全廃されています。これに続き、HCFC(R-22など)に関しては、昨年の2015年1月1日より生産量の6割が削減されており、2020年1月1日までに生産が停止される事が決定しています。
 R-22について、今すぐ手に入らなくなってしまうという事はありませんが、現時点で価格が向上しており、今後入手が困難になっていきますので、修理費用の増大に繋がっていきます。また、現行の新しい機器については、R-22が使われていた当時と比較すると、省エネ性能が格段に向上しています。現在の機器を使用し続けるより、全体のコストで比較すると新しい機器を導入した方が安くなる場合もございます。
 現在ご使用の機器のガス種をご存じで無い方は、是非一度ご確認ください。フロン排出抑制法の対応がお済の方は、第一種特定製品のリストに表記がされているかと思いますのでそちらをご確認ください。その他、冷媒ガス、業務用冷凍冷蔵機器、空調機器について、ご不明な点、ご相談のある方はお気軽に弊社までお問い合わせください。
【補記1】 モントリオール議定書では、2020年時点で現存する冷凍空調機器への補充用途のHCFCに限り2029年末まで生産を認める特例が存在します。ただし、通商産業省化学品審議会オゾン層保護対策部会中間報告(平成8年3月14日)においては、上記の補充用途も含めて、2020年のHCFC生産・消費量の削減・全廃を目標とすることとされています。
 ご不明な点のある方は、弊社担当営業、又はホームページよりご連絡ください。
お問い合わせはコチラから ↓ 
お問い合わせフォーム
電話での問い合わせをご希望の方は、下記フリーダイヤルまでご連絡ください。
TEL:0120-21-7810
bar