bar
株式会社ナンバ 新潟県の空調換気設備/冷凍冷蔵設備/厨房設備/エアコン メール問い合わせ サイトマップ 株式会社ナンバ 新潟県の空調換気設備/冷凍冷蔵設備/厨房設備/エアコン

株式会社ナンバ 会社情報 10年保証 業務案内 環境ニュース/地球温暖化/フロン回収 株式会社ナンバ 採用情報


更新をメールマガジンにてお知らせしています。
 
【バックナンバー】
長岡市の補助金でフロンキーパー導入
■No.207 2018.08.20
R-22の全廃期限について
■No.206 2018.06.05
平成28年度フロン類
算定漏えい量報告
■No.205 2018.04.03
空調機の定期点検は
お済みですか?
■No.204 2018.02.06
フロン類充填量及び
回収量等の集計結果
■No.203 2017.12.15
建設現場の全国一斉
パトロール実施
■No.202 2017.10.10
平成29年度フロン類
算定漏えい量〆切迫る!
■No.201 2017.07.24
フロン類算定漏えい量
報告・公表制度説明会
■No.200 2017.05.31
フロン法算定漏えい量報告結果が発表
■No.199 2017.04.04
日設連 フロン法のうた
■No.198 2017.01.30
フロン類回収実態調査 制度見直し議論へ
■No.197 2016.12.16
大丈夫ですか?フロン排出抑制法の対応
■No.196 2016.10.25
01年以前のエアコン,06年以前の冷凍機について
■No.195 2016.09.12
打ち水の力 〜夏を涼しく過ごすために〜
■No.194 2016.08.08
九州豪雨 東京水不足
■No.193 2016.07.11
環境問題から見る
G7サミット
■No.192 2016.06.07
フロン類算定漏えい量報告・公表制度説明会
■No.191 2016.04.30
冷媒R22機種について
■No.190 2016.03.31
フロン排出抑制法 
対応はお済みですか?
■No.189 2016.02.29
電力小売自由化目前
■No.188 2016.01.26
トップランナー制度改正へ
■No.187 2015.12.03
気候変動の影響
■No.186 2015.11.02
平成26年度オゾン層等
の監視結果について
■No.185 2015.09.29
環境講演会のご案内
■No.184 2015.08.21
温室効果ガス削減目標
中国が初めて国連に報告
■No.183 2015.07.31
フロン排出抑制法
【違反した場合の罰則】
■No.182 2015.06.29
フロン排出抑制法
【充填証明書回収証明書】
■No.181 2015.05.28

【 No.1〜30 】
【 No.31〜60 】
【 No.61〜90 】
【 No.91〜120 】
【 No.121〜150 】
【 No.151〜180 】

+++最新号へ戻る+++
No.188(2016.01.26)
電力小売自由化目前 メリット・デメリット
 2016年4月1日からは、一般家庭向けの電気の小売販売への新規参入が可能になります。これにより、全ての消費者が電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになります。
bar

これまで家庭や商店向けの電気は、各地域の電力会社のみからしか契約できませんでしたが、電気の小売業への参入が全面自由化される事により、例えば携帯電話のように、ライフスタイルや価値観に合わせ、電気の売り手やサービスを自由に選べるになります。また、完全自由化に先駆け、1月より電力会社切り替えの事前受付が開始されています。
経済産業省のホームページでは、既に申請されている、小売電気事業者登録一覧が公開されています。
【電力自由化のメリット】
今までは電力会社に競合相手がいませんでしたが、電力自由化により競争・比較が起こり、各社様々なサービスや価格の見直しが行われると予想されています。また、環境に配慮した電気を選ぶ事や、電気自動車や太陽光発電とのセット等、個人の選択の幅が広まる事になります。
【電力自由化のデメリット】
デメリットとしては、メリットと矛盾しますが長期的に見た場合の電気料金の値上がりの可能性が考えられます。電力自由化前は、国によって電気料金が高くなり過ぎないように審査、規制が行われていましたが、こうした規制が今後無くなっていきます。既に自由化がされている外国では、天然ガスや石油等の燃料費の高騰により、電気料金は値上がりの傾向にあります。しかし、少なくとも2020年までは既存の電力会社は規制料金のメニューも提供する事が決定されていますので、自由化すぐに電気料金が上がるという事はありません。
もう一つは電力会社を変更した事による安定供給は大丈夫か、という事ですが、送配電部門(送電線・配電線などの送配電ネットワークを管理)についてはいままで通りの地域の電力会社(東京電力・東北電力等)が行う為、大きな変化は無いと考えられています。仮に、契約をした新しい電力会社で安定供給が行われなかった場合、この送配電部門を管理している地域の電力会社より電気が供給するように義務付けられます。その後、安定供給ができなかった電力会社はペナルティーを送配電部門を管理する電力会社へ支払わなければなりません。
また、2016年4月までに電力会社の変更手続きを行わなかった場合でも、現在、供給を受けている電力会社から引き続き今までどおり電気が供給され、好きな時に契約を変更する事ができます。
電気料金比較サイトも、有名なサイトでは価格.COM等で登場してきています。ご興味のある方は検索してみてはいかがでしょうか。
bar