bar
株式会社ナンバ 新潟県の空調換気設備/冷凍冷蔵設備/厨房設備/エアコン メール問い合わせ サイトマップ 株式会社ナンバ 新潟県の空調換気設備/冷凍冷蔵設備/厨房設備/エアコン

株式会社ナンバ 会社情報 10年保証 業務案内 環境ニュース/地球温暖化/フロン回収 株式会社ナンバ 採用情報


更新をメールマガジンにてお知らせしています。
 
【バックナンバー】
空調機の定期点検は
お済みですか?
■No.204 2018.02.06
フロン類充填量及び
回収量等の集計結果
■No.203 2017.12.15
建設現場の全国一斉
パトロール実施
■No.202 2017.10.10
平成29年度フロン類
算定漏えい量〆切迫る!
■No.201 2017.07.24
フロン類算定漏えい量
報告・公表制度説明会
■No.200 2017.05.31
フロン法算定漏えい量報告結果が発表
■No.199 2017.04.04
日設連 フロン法のうた
■No.198 2017.01.30
フロン類回収実態調査 制度見直し議論へ
■No.197 2016.12.16
大丈夫ですか?フロン排出抑制法の対応
■No.196 2016.10.25
01年以前のエアコン,06年以前の冷凍機について
■No.195 2016.09.12
打ち水の力 〜夏を涼しく過ごすために〜
■No.194 2016.08.08
九州豪雨 東京水不足
■No.193 2016.07.11
環境問題から見る
G7サミット
■No.192 2016.06.07
フロン類算定漏えい量報告・公表制度説明会
■No.191 2016.04.30
冷媒R22機種について
■No.190 2016.03.31
フロン排出抑制法 
対応はお済みですか?
■No.189 2016.02.29
電力小売自由化目前
■No.188 2016.01.26
トップランナー制度改正へ
■No.187 2015.12.03
気候変動の影響
■No.186 2015.11.02
平成26年度オゾン層等
の監視結果について
■No.185 2015.09.29
環境講演会のご案内
■No.184 2015.08.21
温室効果ガス削減目標
中国が初めて国連に報告
■No.183 2015.07.31
フロン排出抑制法
【違反した場合の罰則】
■No.182 2015.06.29
フロン排出抑制法
【充填証明書回収証明書】
■No.181 2015.05.28

【 No.1〜30 】
【 No.31〜60 】
【 No.61〜90 】
【 No.91〜120 】
【 No.121〜150 】
【 No.151〜180 】

+++最新号へ戻る+++
No.189(2016.02.29)
フロン排出抑制法 対応はお済みですか?
 2015年4月1日から改正施行された、フロン排出抑制法。もう少しで施行より丸1年となります。業務用冷凍空調機器をお持ちの管理者の皆さまは既に対応がお済みでしょうか?
bar

以前に何度かフロン排出抑制法についてご説明させていただきました。業務用冷凍空調機器をお持ちの管理者の方には、大きく分けて、管理・点検・報告の3つの義務が科せられています。
@管理の義務
まず、管理の義務として、現在お持ちの業務用冷凍空調機器をリスト化しなければなりません。(第一種特定製品のリスト)次に、機器の修理状況が分かるような点検整備記録簿を作成する必要があります。また、修理や工事に伴ったフロン類の充填作業や回収作業に伴う証明書を保存しなければなりません。
A点検の義務
義務付けられた点検には大きく分けて管理者自身が行う簡易点検と、有資格者による定期点検があります。
簡易点検については、全ての業務用冷凍空調機器に対して、3カ月に1回行います。定期点検については、下記図の様に、機器ごとに頻度が異なりますが、50kW以上の空調機器、7.5kW以上の冷凍冷蔵機器については1年以内、つまり今年の3月までに行う必要があります。対象の機器をお持ちの方は確認をお願いいたします。
簡易点検、定期点検共に行った結果を点検整備記録簿に記載する必要があります。
B報告の義務
1年間にCO2換算で1,000 CO2-t以上のフロン類が漏えいした場合、管理者は国に報告する義務があります。企業単位となりますので、多くの事業所をお持ちの企業様は注意が必要です。該当する恐れのある管理者の方は、3月までの漏えい量をまとめ、7月までに国に報告しなければなりませんので、ご注意ください。
弊社におきましては、保守点検プランと合わせまして、フロン排出抑制法への対応を弊社が代行して対応させていただく事が可能です。合わせて機器と商品の適正化を行う事が可能な弊社の保守点検プランを是非ご検討ください。
また、弊社が独自開発し、特許を取得したフロン漏えい検知システム「フロンキーパー」はフロン排出抑制法に対応した唯一のシステムです。フロンの漏えいを早期に検知する事によって、フロンの大幅漏えいを防ぎ、機器内部のフロン量をデータで残すことが可能ですので、点検記録簿の一部としてご利用いただけます。「フロンキーパー」はフロン排出抑制法によるお客様の負担を軽減し、コスト削減と設備の管理に役立ちます。
フロン排出抑制法の対応は専門工事店のナンバにお任せ下さい!
bar