bar
株式会社ナンバ 新潟県の空調換気設備/冷凍冷蔵設備/厨房設備/エアコン メール問い合わせ サイトマップ 株式会社ナンバ 新潟県の空調換気設備/冷凍冷蔵設備/厨房設備/エアコン

株式会社ナンバ 会社情報 10年保証 業務案内 環境ニュース/地球温暖化/フロン回収 株式会社ナンバ 採用情報
会社情報
業務案内
冷凍冷蔵設備
空気調和設備
厨房設備
フロンキーパー
KE2 省エネコントローラ
フロン排出抑制法
中古厨房機器

■フロン排出抑制法の対応

バー
フロン回収・破壊法は名称を「フロン排出抑制法」に改められ、2015年の4月より内容が改正されました。対象が機器を使うユーザー(管理者)まで広がり、管理・点検・報告の3つが義務化されています。

1.管理の義務
ユーザーは機器の適切な管理が必要となり、使用機器について管理記録簿や証明書の保管等、書類の作成と保管が必要となります。
  管理すべき書類等
従来通り
管理必要
再生破壊証明書(行程管理票)
設備機器リスト
(冷凍冷蔵機器、空調機器、厨房機器等)
点検設備記録簿(簡易点検、定期点検)
充填証明書
回収証明書
任意 フロン漏えい記録簿

2.点検の義務
全ての業務用冷凍冷蔵・空調機器において、有資格者による定期点検、お客様による簡易点検(3ヵ月に1回以上)を行い、記録簿に残すことが必要になります。
製品区分 区分 点検頻度
冷凍冷蔵機器 圧縮機の電動機定格出力が7.5kW以上 1年に1回以上の定期点検
業務用エアコン 圧縮機の電動機定格出力が50kW以上 1年に1回以上の定期点検
圧縮機の電動機定格出力が
7.5〜50kW以上
3年に1回以上の定期点検
上記を含む
すべての機器
フロンを利用しているもの
※製氷機、冷水器等も含む
3ヵ月に1回以上の簡易点検

3.報告の義務
1年間にCO2換算で、1000t-CO2以上のフロン類が漏えいした場合、事業者は国に報告する義務が発生します。企業単位での集計となるため、多店舗をお持ちの方はすべての店舗合計となります。
計算方法…漏えい量×GWPを種類別に合計
R-22漏えい量(t)×GWP+R-410A漏えい量(t)×GWP+
R-404A漏えい量(t)×GWP+R-407C漏えい量(t)×GWP+
R32漏えい量(t)×GWP…………………≧1000t-CO2
種類 報告すべき基準量
R-22 1000t-CO2÷1810(GWP)≒0.552t=552kg
R-410A 1000t-CO2÷2090(GWP)≒0.478t=478kg
R-404A 1000t-CO2÷3922(GWP)≒0.255t=255kg
※GWP…地球温暖化係数(二酸化炭素換算)
フロン排出抑制法に関する詳細な情報を随時更新しております。
+++温暖化ニュースを見る+++
定期点検を含むフロン排出抑制法対策は
ナンバにお任せください!

冷凍設備保守契約のご案内
ナンバでは、24時間体制の冷凍設備機器緊急修理対応、機器の耐久性維持や能力低下を防ぐ定期点検など、冷凍設備保守契約をご用意しております。
フロン排出抑制法対策に適したプランもございます。
内容
改正フロン法対策 3ヵ月に1回以上お客様自身にて行う簡易点検をはじめ、定期点検、機器リスト作成、点検記録簿の更新など、煩わしい管理業務を代行して行います。
定期点検 冷凍設備が最良のコンディションと最高の効率で運転されるように「保守点検表」に基づき定期点検、清掃、及び給油などのサービスを行います。
緊急修理 迅速かつ最優先の緊急サービスを24時間体制で行います。もちろん工料、出張費などの費用はいただきません。
部品保証 一部の消耗品の修理及び交換は「部品保証」の対応として無償です。(対象外となる消耗品もございます。)
機器保証 一部の消耗品に加えて、圧縮機の修理及び交換については無料です。(対象外となる消耗品もございます。)
詳細やご質問は、
電話またはメールにてお気軽にお問い合わせください
電話 メール
温度警報より早くフロン漏えいを発見!フロン排出抑制法の新たな義務により発生する
お客様の負担をフロンキーパーの導入で軽減可能です!
フロンガス漏えい検知システム フロンキーパー/freon keeper

■系列会社リンク■
厨房マーケット
業務用冷蔵庫・業務用厨房機器激安販売の厨房マーケット
株式会社エンジェルジャポン
hengel japon[エンジェルジャポン] − フランスのメーカー、エンジェルのショックフリーザー
株式会社エヌ介護サービス
エヌ介護サービス 新潟県を拠点としたホームヘルパー、訪問介護サービス